2019年12月19日木曜日

流氷ウォークのよくある質問!


まもなく新年を迎えるこの時期、皆さん冬の旅行は決まりましたか~?

2020年シーズンのご予約もたくさんいただいており、ご質問を多々いただいております。

ツアーご参加にあたり、持ち物や送迎については「よくあるご質問」をご覧ください。
https://www.shinra.or.jp/nature_tour_preparation.html#tab3

上記リンク先に無いご質問を下記にまとめました。
ご予約やツアーご参加の際にお役立てください!



◎ すでに満席になってしまった日もあります!



  ×× 満席日 ×× (2019年12月19日 15:00現在)
    2月  1日 終日
    2月23日 9:30回・15:15回
    2月24日 15:15回
 
  ■キャンセル待ちの受付は行っておりません。
   ツアー催行日直前に空席があった場合は、ご予約を承ることもございます。



◎ 流氷ウォークは「いつから」「いつまで」の催行ですか?


  流氷の接岸状況にもよりますが、例年ですと2月上旬から3月下旬まで
  催行しており、一度接岸すれば岩礁帯にある流氷でも楽しめます♬

  ■過去5年間の催行日程をまとめてみました。

  ・2019年シーズン  2月1日スタート、3月16日終了
    ※流氷の接岸が早かったため、1月30日にプレスタート
  ・2018年シーズン  2月6日スタート、3月26日終了
  ・2017年シーズン  2月3日スタート、3月28日終了
  ・2016年シーズン  2月4日スタート、3月29日終了
  ・2015年シーズン  2月1日スタート、3月19日終了
    ※流氷の接岸が早かったため、1月29日にプレスタート




◎ 流氷はいつなら確実にありますか?いつがベストですか?


  私たちも知りたいです!神のみぞ知る世界でしょうか…(笑)
  というのは、流氷は風向きによって接岸状況が刻一刻と変化します。
  一般的には北西風が吹けば岸寄りし、陸地側からの南風が吹くと離岸します。
  一晩で状況が変化することはシーズン中でもよくあることです。
  例年ですと2月上旬から3月中旬頃が接岸期と言われる時期ですが無いことも…

  海一面広がる流氷が無い場合、港内でご案内することもあります。
  港内はシーズン初めに接岸したものが、終了まで残ることが非常に多いです。
  
  ■シーズン中にツアー中止になるのは【悪天候時】くらいで、流氷が離岸しても
   港内で催行することができます!  

  この動画は30分間で変化する海の様子です!
  あっという間に海を埋め尽くしています。
  逆にあっという間に離岸することもあります。





◎ ツアーの時間帯は何時回がオススメですか?


  それぞれの回に特徴があります。旅行日程や楽しみ方に合わせてご予約ください。
    
   ・  6:30回 朝の静寂感と流氷ならではの幻想的な雰囲気を楽しめる時間です!
   ・  9:30回 東側(山側)から陽射しがあり、写真映えする時間帯です。
   ・13:00回 真上から陽射しがあり、全体的に明るい時間帯です。
   ・15:15回 晴天時は夕陽が美しく、オレンジ色の流氷の景色を楽しめます。

6:30回 静寂感が広がる幻想的な風景
9:30回 明暗がくっきり、写真映え
13:00回 陽射しがあり明るい景色
15:15回 夕陽が美しいオレンジ色



◎ キャリーバック等の大きな荷物を預かることは可能ですか?


  荷室にドライスーツを積んでいるため、送迎車でお預かりすることができません。
  ホテルフロントやコインロッカーに預けてからご乗車ください。
  
  ■コインロッカーがある場所(写真や料金は2019年12月時点)
   
   道の駅うとろ・シリエトク (写真①)
   ◎開館時間内のみ、冬季は9:00~17:00(荷物引き取りは16:30頃までに!)
   
   ウトロ温泉バスターミナル (写真②③④)
   ◎24時間出し入れ可能
   
①道の駅うとろ・シリエトク内、正面入口付近
 ・縦長サイズ ×12  300円
 ・大型キャリーバックは不可

②ウトロ温泉バスターミナル内
・大型×4(写真左側)  700円

③ウトロ温泉バスターミナル内
・中型×8(写真左側)  500円

④ウトロ温泉バスターミナル内
・小型×12  300円


◎ ツアーは何名で催行ですか?


  最少1名から催行し、最大約10名までガイド1名でご案内します。
  貸切ツアーはグループ単位でご案内ですが、3月11日以降の催行です。

  


◎ ツアー参加の準備は何が必要ですか?


  ・カメラは持ち込み可能ですか?写真は撮れますか?
  ・防寒着は必要ですか?
   ……etc、下記の「よくあるご質問」をご覧ください。


いかがでしたか?参考になりましたでしょうか?
まだまだご予約可能ですので、知床ウトロにお越しの方は是非ご参加ください!
同じ日本とは思えない素晴らしい流氷の景色と、流氷で楽しむ非日常的体験を、
ご参加いただく皆さんと体感できることを、スタッフ一同お待ちしております♬ 


 

流氷ウォークのよくある質問!【催行場所】


流氷ウォークのご予約に際し、

「どこでやるのですか~?」
「どこまで歩くんですか~?」

というご質問をよくいただきます。


なかなか事前にご案内する機会がありませんので、催行場所についてまとめてみました!

※下記の催行場所やルートやツアー内容については、毎回異なることもあります。
 必ずしもご参加いただいた皆さんが同じルートや内容を体験するとは限りません。
 当日の担当ガイドがお客様の構成等を考慮し、沖合に出れるコンディションでも
 沿岸部で催行することがあります。

※その日のツアー直前の流氷状況や海上状況によって催行場所は変わります。
 催行場所についてのリクエストは受け付けることができません!
 また、事前に催行場所のお知らせもできませんので、どうかご理解ください。


【 幌別海岸 】

世界自然遺産に登録された海域、そして国立公園の入口に位置する海岸線です。
外海に面しており、コンディションが最高な日には海一面を覆いつくす流氷原が広がり、開けた景色を楽しむことができます。
流氷の接岸状況によっては沖合に出ることができず、流氷の状況が刻一刻と変化しやすい場所で、沿岸部の岩礁帯を中心としたご案内になることもあります。

通常は直線距離で沖合約200m、合計で約1kmくらい歩きます。
非常に安定していて歩きやすい場合は岸から直線距離にして沖合約300mくらい、
ツアー合計で約1.5kmくらい歩くこともあります。


【 ウトロ新港(道の駅横) 】

町の中心部から一番近いエリアです。シーズン初期に接岸した流氷が入りこむと、
沖防波堤がストッパーとなりシーズンを通して安定した流氷原が広がります。
岩礁帯もあり、乗り上がった流氷が凹凸となったり、潮位変化がある時はクリオネを
見つけやすい環境でもあり、アクティビティとして面白いエリアです。
また、普段は見ることができない港の沖からの景色を楽しめたり、ウトロの町と流氷との距離がいかに近いかを感じることができるエリアで、流氷の神秘的な景色が広がります。

通常は手前の沖防波堤まで直線距離で約300m、合計で約1kmくらい歩きます。
非常に安定していて歩きやすい場合は岸から直線距離にして沖合約800mくらい、
ツアー合計で約2kmくらい歩くこともあります。


【 ウトロ旧港(斜路付近) 】

ウトロ漁港の旧港エリアで港の最奥部で催行しますので、外海が大荒れの時や流氷接岸
初期で外海に出ることが難しい状況でもツアーの催行は可能です。
だたし、大きな塊となった流氷や凹凸のある景色ではなく、平坦な景色で周囲には船が
あり、景色的な秘境感はありません。
アクティビティ要素が強く、歩くことも少ないエリアですので、こちらで催行する場合は
お客様に事前にご連絡することがあります。

遠くまで歩くことはなく、岸壁からすぐそばで催行します。


催行場所はその日ツアー前に判断し決定します。
どこになるかは当日のお楽しみです♬
一度接岸してしまえば悪天候時以外は催行しますのでご安心ください!



流氷ウォークのよくある質問!【ドライスーツ】


んん??
このド派手な物はナニ⁉

正解は流氷ウォーク®で使用する「ドライスーツ」です!

よく質問のある内容も含めて、ドライスーツについてご紹介します!


①ドライスーツは非常にカラフルです!

白い流氷上でも目立つようにと作られています。
結果、写真映えする流氷ウォークに♬
※ツアーの際、カラーは選べません(笑)


②サイズがたくさんあります!

予約時に身長・体重をお知らせいただいている理由がコレです。
身体に合ったサイズでないと、浸水したり、ロボットのような動きしかできなく
なってしまいます。
※予約してからツアー参加までに、体重の増減が無いようにお願いします!(笑)


③フードが付いています!

転倒時に頭部を保護する役割があります。
流氷ウォーク専用スーツならではの特徴です!
帽子(ニット帽やキャップ等)を持参の方は、ご自身の帽子を着用してください。


④首や袖口のゴムがタイトです。

浸水を防ぐためです。
着用直後は苦しく感じますが、ツアー中は気にならなくなりますのでご安心を。


⑤ブーツが付いています!

氷上は足先から冷えますので、厚手の靴下をオススメしますよ~!


⑥手袋は専用の手袋です!

バルタン星人(笑)のようなミトン型の手袋で、氷上でも暖かいです!


着用方法についてもよくご質問をいただきます。
こちらは動画がありますので、ツアー参加前に参考としてご覧いただけたらと思います。


流氷ウォーク®は知床ウトロでしか体験出来ません!
カラフルなドライスーツで氷上へ遊びに行きましょう♬

2019年12月16日月曜日

ソックリな親子⁉


お母さんにソックリですね!


後ろに居るオスも、同じ事を思っていたりして……(笑)


2019年12月15日日曜日

ワシがいっぱい!


越冬のために今年も続々とワシ達がやってきています。


                                             
川のそばで見かけたオオワシ。
口元をよーく見てみると、子供のようにヨダレを垂らしているかのように見えますが…
立派な成鳥のオオワシです!




オジロワシがカラスや他のワシに邪魔をされないように、周囲の様子を見ながら食事中。
港で魚でも見つけたのでしょうか、足元にはニシンと思われる魚を持ってます。
茶色い体色が上手く地面に隠れていますね!

2019年12月6日金曜日

足跡がいっぱい!


12月になって雪景色になりましたね。
普段見えにくい動物たちの痕跡が垣間見れるチャンス!
どんな動物が、どんなことをしているのか想像するのも楽しいですね。
皆さんは何の足跡かわかりますか?





2019年10月26日土曜日

ハロウィンinウトロ

今日はウトロでハロウィンイベントが行われました!シンラ事務所を装飾し、スタッフも仮装して参加!雨風吹く中でしたが、いろいろな仮装をしたお子様たちが元気にパレードをしてくれました!


シンラ事務所2階窓には、モンスターが並んでおりますので、近くを通られた際はぜひ事務所を見上げてください!

2019年10月18日金曜日

紅葉と雪山


今日の知床連山は雪景色していました!

森の紅葉と山頂部の雪景色が素晴らしい景色でした♬


2019年10月17日木曜日

「知床をきれいにし隊」


今日は地域の清掃ボランティア活動「知床をきれいにし隊」に参加し、普段は行く事のないルシャ海岸へ行ってまいりました。


弊社ガイドスタッフや姉妹会社の知床らうすリンクルのスタッフ、地域のガイド会社や関係行政機関関係者等、総勢約40名で海岸線に打ち上っているゴミを回収して歩きました。



ゴミの多くが自然に分解されないプラスチック・ペットボトル・漁具等で、中には外国語のゴミもありました。
ペットボトルや食品容器は野生動物が齧った痕跡もありました。

活動数時間でトラックが満載になるゴミが回収され、トラブル無く活動は終了しました。


毎年同じ場所の活動ですが、毎年新しくゴミが打ち上ります。
今年も日々の生活を振り返り考えさせられる、良いきっかけになる活動でした。









2019年10月10日木曜日

エゾリスが走り回っています!


秋になり、森の中にはたくさんのどんぐりが落ちています!

エゾリスやシマリスが冬への備えでしょうか、忙しそうに走り回っています。


2019年9月29日日曜日

赤色を探すツアー


今日のツアーでは森の中にある赤色を探しながら歩きました。

全体的な紅葉はまだですが、切り取った景色はとても美しい赤色でした♬






2019年9月28日土曜日

足元の紅葉も綺麗です♬


山や森の木々が徐々に色付き始め、秋の知床ですが地面も綺麗な景色です。
ツタウルシの草紅葉が始まり、色鮮やかな赤や黄色が混ざり合った色合いに。

上だけではなく下も紅葉が美しい森の中です♬


ドングリを避けて歩けません!


今年はミズナラの堅果ドングリが豊作です!
森の中では動物たちが忙しそうにドングリを食べたり運んだり。

足元にも頭上にも、そして動物の気配にも要注意な森の中です!


2019年9月27日金曜日

秋の知床五湖


山や森は徐々に秋の色合いになってまいりました。
連日の好天で、水面に映り込む知床連山と色付き始めた森の景色が素晴らしいです!

夏の観光シーズンも過ぎ、静かな知床に遊びに来てくださいね~♬